十人十色。みんなちがってこそみんないい。

平日は保育園に勤め、週末はslaveを主宰。

また、幼稚園の造形講師や地域のイベントなどで子どものワークショップを通じて活動しています。

 

「サルバの考えの根っこ」

子ども達はそれぞれその子ならではの"タネ"のようなものを持っていて、肯定的で主体的でいられる環境の中で、力強く自分らしい枝葉を伸ばすのだと思います。ですから、サルバは「教室」ではなく「スペース」なのです。

 

うまく絵を描ける、うまく物を作れる事も素敵なことだと思いまが、自分なりに自分ならではのものと向き合うこと、そしてそれを肯定されることが大切なのだと考えています。

 

自分や他者のことをイメージし、造形で生活を彩ることが出来たら、それは本当に豊かなことだと思います。

 

サルバでの主体的な経験が、子ども達の十年後・二十年後の背骨の一部になることを切に願います。

DSCF3691.JPG

チャイルドアートカウンセラー

​チャイルドマインダー

​保育士

sign_kenta.png